話題は100年後の僕たちのために。100YEARS

アクセス相続・事業承継グループ
税理士法人アクセス 行政書士法人アクセス アクセス司法書士事務所

TEL.06-6205-3775
大阪市中央区平野町1丁目7番1号 堺筋髙橋ビル6F

税理士法人アクセス

法人コンサルティング

記事一覧へ

利益ってそもそもなんなの?ドラッカーさんに聞いてみよう!

そもそも論として、会社にとって利益って何なんでしょうか?
あまり考えない話なんですが、皆さんどうでしょうか?

利益ってそもそもなんなの?

もちろん諸説あります。

企業は株式会社であれば、「利益とは目的」だと考える方もいらっしゃいます。
しかしそれだけで良いのでしょうか?

社会に貢献することも大事、社員満足を追求することも大事。
実際どれが正しいということはないのですが・・・・


ここでひとつ質問です。

 

利益の概念って何でしょうか?

この捉え方が非常に重要なんです。

この考え、発想・捉え方をしている経営者さんはしっかりと利益を出されています。

この利益ってそもそも何なの?
非常に厳しい観点で捉えたのは、皆さんもご存知のあの有名なドラッガーさん。

利益とは
◯◯◯であると、おっしゃっています。カタカナです。
皆さん何でしょうか?

ドラッカーさんは、利益とは「コスト」だと言いました。

明日のためのコストであると。
コストって回収するものですよね?!
掛かったコストより安く売ってます・・・・って言われる方は
アクセスの顧問先様にはいらっしゃらないと思いますが・・・・。

コストは回収するもの。



利益は「目的」や「動機」じゃないと言われています。
事業を継続発展させる為の明日のための「コスト」であると。

つまりは、利益というのは事業を発展させる為の「コスト」だと。

もっと言うと、「利益とは出て当たり前」だと言われています。

明日の為のコストなのだから出てあたりまえ
出ないと当然継続していけない

目的として利益って出たら良いよね! という次元ではなく
最低限出さないといけない・・・

もう一度言います。

利益とは、会社として運営している以上出て当たり前。
出た利益を再投資して、会社の基盤を整えていく。
というのが正しい発想なんです。

この考え方、捉え方は、利益をしっかりだしている経営者の発想です。

関連記事