話題は100年後の僕たちのために。100YEARS

アクセス相続・事業承継グループ
税理士法人アクセス 行政書士法人アクセス アクセス司法書士事務所

TEL.06-6205-3775
大阪市中央区平野町1丁目7番1号 堺筋髙橋ビル6F

税理士法人アクセス

法人コンサルティング

記事一覧へ

経営者にとって必要な◯◯のシミュレーション能力とは?

経営者が、経営をしていく上で数字に強くなったほうが良いのか?

そういったスキルが必要だという話によくなります。

あえて話をさせていただきます。

簿記や財務分析って必要?

例えば、経営者が簿記を取らないといけない、財務分析ができないといけないと
いう話になります。

勉強することが悪いことではないです。
悪いことではないですが・・・・正直言って必要ないと思っています。

やれればやれたほうがい良いですが、必要ないです。

じゃあ経営者にとって必要な数字って何なんでしょうか?

 

経営者にとって必要な能力のお話

簿記・財務分析というのは過去の話です。
終わった話を几帳してどうやって数字を作るか?
財務分析も終わった数字を、過去の数字をどうやって分析するか?

これは過去なんです。

経営者が必要な数字は未来です。
現場で必要なのは終わった話ではなくて

今から、この仕事をとるべきかとらざるべきか? このひとを採用するべきかせざるべきか? この設備投資をしていいのか良くないのか?
すべて未来なんですね。


という未来のシミュレーション能力が必要なんです。
過去の簿記や財務分析はそれこそ税理士に任せれば良いんです。

未来の話って現場でタイムリーに判断をしないといけませんよね?
いちいち税理士に相談できないですよね?

過去のはなしは税理士にまかせればよいんです。

未来のシミュレーションの能力を税理士にまかせっきりは致命的です。


社長さんは現場にビジョンを数字でつたえないといけないんです。
経営理念ももちろん大事です。 その経営理念の中に数字というスパイスをいれると

理念に深みが増しますし、説得力も倍増します。

是非、社長さんは未来のシミュレーション能力を磨いてください。

関連記事