話題は100年後の僕たちのために。100YEARS

アクセス相続・事業承継グループ
税理士法人アクセス 行政書士法人アクセス アクセス司法書士事務所

TEL.06-6205-3775
大阪市中央区平野町1丁目7番1号 堺筋髙橋ビル6F

税理士法人アクセス

法人コンサルティング

記事一覧へ

遊び感覚で誰もが納得!トランプで覚える会社の仕組み!

みなさん、トランプの枚数って何枚かご存知ですよね?!
今回は、トランプを使って、会社の利益の仕組みをカンタンに説明いたします。
飲食店(焼肉屋さん)を想定しています。

トランプの枚数で会社の仕組みを紐解く

トランプの枚数は52枚とジョーカー2枚ですよね?!

ちょっとイメージしてみてください。

図の中の売り上げが54(52枚+ジョーカー2枚)、これはトランプの枚数ですね。

経営者は奥さん感覚が重要なんです

ここから、右から左にでるものがあります。
これが変動費と言われるもので、給料で言いますと社会保険などですね。

このグラフは焼肉屋さんを想定しています。
お肉とか野菜とかタレとかですね、3割くらいが右から左にでていきます。

54から3割(16)を引くと、手取り(粗利)38残ります。

会社の経営者は奥さん感覚じゃないとダメなんです
ご主人は額面稼いできていると思ってますが、奥さんは手取り分のみ稼いできてくれていると思ってます。

会社も54稼いでいるのではなくて、変動費引いた38だと意識することが大事なんです(会社の手取り)

売り上げがどうかよりも手元にいくら残るか?

いくらでやりくりするのか?

36が固定費 貯金が2

固定費のなかには給料とか半分くらい入ります。あとは社会保険とか店舗のリースとかで残るのは2

2・・・・・って何の数かといいますと、ジョーカーの枚数ですね。

最終利益 4%弱
売上1億だと400万円
売上10億だと4000万円

だいたい、トランプのジョーカーくらいが利益の目安、バランスとなります。


重要なのは会社として手取りいくらか?
売り上げがいくらかではなくて手取りがいくら?

その手取りを稼ぐためにいくら経費を使っているのか?

これが利益です。

みなさんもぜひ、売り上げがどうかよりも手元にいくら残るか?
を意識してみてください。

関連記事

information
もっと見る
Money Think #1 株式会社マネーフォワード 辻 庸介氏